So-net無料ブログ作成

小栗旬は監督志望だったのか [豪ドル円]

俳優が監督になる話は珍しくないですが、これだけ売れっ子の俳優さんが若いうちから監督作品を作るのはあまり見かけない気がします。

俳優の小栗旬が、足掛け5年を要して映画化する初監督作「シュアリー・サムデイ」の劇場限定前売り特典付き全国共通特別鑑賞券が、5月1 日から発売される。数量限定ながら鑑賞券1枚につき、レプリカ脚本1冊とステッカー4枚の特典がつく。 小栗旬初監督作「シュアリー・サムデイ」ポスタービジュアル初公開 レプリカ脚本は、B6サイズで全20ページ。外観は、撮影時に実際使用したものを再現し、小栗監督自ら厳選したこだわりのある5つのシーンを収録している。また各シーンには、小栗監督からのメッセージがついている。さらに、カラフルなデザインのステッカー4枚がつくほか、券面にスペシャルコンテンツが見られるパスワードが明記されている。一般券1300円、学生券1000円(ともに税込み)。 同作は、小栗監督が高校時代の仲間たちとの絆(きずな)をテーマに書き上げたプロットをベースに、「クローズZERO」シリーズの武藤将吾が脚本化した。小出恵介らが演じる高校の同級生5人組が主人公。学園祭中止に抗議するため、狂言のつもりで爆破予告した高校で本当に爆発事故を引き起こしてしまった 5人が、命まで狙われる事件に巻き込まれていく3年後の姿を軸に描く。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000006-eiga-movi

学生モノの映画って結構面白いものが多いですし、ちょっと見てみたいですねー。
私は小栗旬の大ファンということではないので、前売りを買って行こうとは思いませんが。

関連記事
ライブドアがNHNに買収された

file scavenger

hdd 寿命
nice!(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。