So-net無料ブログ作成
検索選択

任天堂が3DSを値下げした話 [ニュース]

任天堂がゲームハードの「NINTENDO 3DS」を1万円も大幅値下げすることを発表しました。
少し前の話ですが。

最近の世の中の流れは明らかにソーシャルゲームに移っていて、みんな携帯ゲームのグリーやモバゲーであったり、オンラインゲームへと趣向が変わってきています。

そのような状況の中で3DSを投入したわけですが、3D映像って最近少し話題なんですが、実はみんなあまりそれを求めていないんですよね。
結果的に、ゲームをしていると目が回る、酔う、などの感想が多くて評判は当初からあまりよくなかったです。

任天堂レベルになると、ゲームを開発したり発売する前に、マーケティングというものをきっちりと行い、それに多額の費用をかけているはずなのです。

しかし、今回の1万円の大幅値下げに踏み切ったということは、任天堂にとっては想定を遥かに下回る売上で、事前調査をしっかりと行ったにもかかわらず大誤算となってしまったことを表しているとも言えます。

特に任天堂のハードに対して、ソフトを提供する会社は無数にいるわけで、そのような会社はまず最初に任天堂のハードが売れてくれないことにはどんなに面白いソフトを開発しても売上は増やせないんです。

だから、任天堂には当然のことながら、それらのソフト開発を行っている企業に対する責任という意味でもハードを売る必要がある。つまり赤字を出してでもハードをまず最初に沢山売ってみんなに買ってもらわないことには何も始まらないということです。

結婚相談所もビジネスに

豪ドルは次回以降もっと利上げしてほしい

ライター募集.com
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。